「マイルを貯めて」の旅行とLCC(格安航空)はどちらがお得なのか

2020年09月23日・コラム
「マイルを貯めて」の旅行とLCC(格安航空)はどちらがお得なのか

目次

    よく仕事で飛行機を使う人が「マイルが貯まったので家族旅行に使おう」と話しているのを聞くと、羨ましくなります。マイルが貯まるのは頻繁に飛行機を利用している人、という印象がありますが、実際のところはどうなのでしょうか。また、一方で近年では格安航空、いわゆるLCCが支持を得ていますが、どちらがお得なのでしょうか。「マイルを貯めて」を深掘りして解説します。

    1.マイルとは?

    「マイルを貯めて」の旅行とLCC(格安航空)はどちらがお得なのか

    「マイル」とは、マイレージサービスの略称で、航空券に付帯する航空会社のポイントサービスです。通常、マイルとは出発空港から到着空港までの距離を指すため、ポイントはこのマイル(距離)に比例して設定されています。すなわち、東京-大阪間と東京-沖縄間では後者の方がマイルが高くなります。また、マイルが一定数値を超えると航空券の乗車券と引き換えることが出来ます。つまり、マイルを貯めると「無料で飛行機に乗れる」ことになります。

    JAL・ANAでマイルを貯める

    では1回分(往復)で飛行機を使った場合、どのくらいのマイルが貯まるのでしょうか。国内の代表航空会社2社で見てみましょう。

    JAL(日本航空)

    「マイルを貯めて」の旅行とLCC(格安航空)はどちらがお得なのか

    〇マイルを特典航空券に交換:6000マイル~(片道)可能

    出典:JALホームページ

    ANA(全日空)

    「マイルを貯めて」の旅行とLCC(格安航空)はどちらがお得なのか

    〇マイルを特典航空券に交換:5000マイル~(片道)可能

    出典:ANAホームページ

    航空券購入の最低基準には少し差がありますが、実際は両社とも「4-5回往復の航空券を利用して、片道のマイル航空券を入手できる」という目安となります。1ヶ月に何度も出張する人ならともかく、マイルってなかなか貯まらない…という印象を持ったでしょうか。実はマイルを貯めるには賢い方法があります。

    2.クレジットカードを何にするかで、マイル蓄積は大きく変わる!

    「マイルを貯めて」の旅行とLCC(格安航空)はどちらがお得なのか

    それは、航空会社の発行しているクレジットカードで航空券を購入することです。そうすると上記のマイルはもちろんのこと、追加マイルが付与されます。

    ①クレジットカード利用開始時の特典マイル

    実際に航空券を(クレジットで)購入しなくても、カードを作成した「だけ」でマイルが付与されます。安い年会費で作成できるカードも多いので(年会費無料もあります)、まずは1枚作成してみましょう。

    検索サイトでよく使う「航空会社+カード」と入力すると、お勧めのカードが表示されます。筆者は仕事上、東京-北海道間を行き来するため北海道の航空会社である「AIRDO」のカードを所持しています。感覚としては、往復3-4回で往復1回分のマイル航空券が購入できる印象です。出張では直前に日程が決まることも多く(通常の航空券は4-5万円と高い)、マイルはとても重宝しています。

    同様に東京と九州・沖縄を繋ぐ航空会社「ソラシドエア」でもマイルサービスが設定されています。該当地域をよく移動する、という方は、マイルの対象も特定的なこれらのマイルサービスを利用するのが効率的でしょう。

    ②クレジットカード作成特典をチェックする

    クレジットカード会社はカード作成の際に大規模なキャンペーンを行っており、ここで「特別マイル」が入手出来ることもあります。上手なタイミングでクレジットカードを作成した結果、往復1-2回の利用で希望のマイル航空券が入手できた!というケースも。マイル系クレジットカードの作成を決めていてキャンペーン開催中であれば、ぜひ良い機会だと思ってカードを申し込んでみましょう。

    ③日常生活で「マイルを意識」する

    このカードで日常の買い物をした場合も、マイルが貯まります。食事や日用品の購入、ネットショッピングなどです。近年はコロナの影響も加わり、ネットショッピングの利用が増えていますので、同時にマイルも貯まるクレジットカードを上手に使っていきましょう。

    3.格安航空とマイルはどちらがお得なのか

    「マイルを貯めて」の旅行とLCC(格安航空)はどちらがお得なのか

    「安価で飛行機に乗る」といえば、格安航空(LCC)があります。LCCは購入する日時や路線、どれくらい前に購入するかによって購入費は大きく変わります。先ほどマイルは3-4回に1度利用可能なペース、とお伝えしましたが、「LCC4回分」と「航空会社3回分+マイル」の累積利用額は同程度、と言えるのではないでしょうか。ただ、LCCは運行する航空路が限定されているため、「そもそもLCCが飛んでいるのか」という前提が必要です。

    そもそもLCCは(そのほかの航空会社に比べ)座席感も狭く、無料預入の荷物においても条件があるなど「LCCならではの(安い)特徴」があります。それらホスピタリティの違いを受け入れられるかどうかを前提として、どちらがお得か?を考えるようにしましょう。日常のショッピングやマイル系クレジットカードの上手な活用をすればするほど、マイルを貯めての航空機利用の方がお得になるのではないでしょうか。

    4.会社ルールにも注意が必要

    「マイルを貯めて」の旅行とLCC(格安航空)はどちらがお得なのか

    ここで注意すべきことは、会社の出張で得たマイルは会社の「資産」となる場合があるということです。当然ながら会社の費用拠出で得たマイルは会社に帰属するため、家族旅行などプライベートで使ってはいけない、というルールが設定されることがあります。これは法律や条例によるものではなく、あくまで各社の規定によるものです。

    「そこまでは拘らない」という会社が半数以上だとは思いますが、念のため規則等があれば頭に入れておくようにしましょう。また会社の出張で得たマイルをプライベートで使った場合は、会社で気軽に話さないとか、SNSへの活発な投稿を避けるなどの「人の心」に配慮した方がいいのでは、という声もよく耳にします。少なくとも、マイルを使ってプライベートで活用するのは当然の権利だ、という姿勢は要らぬ「しがらみ」を生んでしまうように思います。

    今後の日本においては、ビジネスにおいての「リモート」が急ピッチで浸透する一方で、「やはり大事な階段や契約」には顔を合わせて、という習慣も一定程度残るのでは、といわれています。飛行機が最も短時間で全国間を運ぶ方法として、これからもマイルサービスは存在感を持っていくと考えられますので、クレジットカードのマイル付加キャンペーンなども引き続きチェックしていきましょう。

    【この記事の著者】

    株式会社FP-MYS 工藤 崇

    株式会社FP-MYS 工藤 崇

    FP-MYS代表取締役社長CEO。1982年北海道生まれ。相続×Fintechプラットフォーム「レタプラ」開発・運営。資格学校勤務後不動産会社、建築会社を経て2015年FP事務所を設立。1年後の2016年7月に法人化。多数の執筆のほか、Fintech関連のセミナー講師実績を有する現役の独立型ファイナンシャルプランナー(FP)として活動中。スタートアップとしてシードラウンドまでの資金調達完了済み。拠点は東京都中央区茅場町。

    LettePla:https://letteplabiz.com/

    当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

    < PR >

    新車の見積もり貰ったらすぐに下取り金額をアプリでチェック!! GulliverAuto アプリで簡単クルマ査定

    人気のマガジン

    < PR >

    参加無料 女性限定 初心者向け <参加無料>1万円から始める1,000万円の資産形成講座 新宿 渋谷 銀座 丸の内 表参道 池袋 Finance Training Studio ABCash

    新着マガジン

    < PR >

    新車の見積もり貰ったらすぐに下取り金額をアプリでチェック!! GulliverAuto アプリで簡単クルマ査定

    個人資産管理の決定版アプリ、
    堂々登場!!

    Fortune Pocket お金に向き合えば、人生は変わる。Fortune Pocket 家計とライフプランを考えるアプリ
    Apple Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

    Android版アプリは旧デザインでのご提供となります。
    年内に新デザインにてリリース予定。

    トップへ