子どもの習い事にかけるお金はいくら?リアルな費用を公開

2019年08月13日・教育資金

子どもの習い事に毎月いくらかけていますか?本当は他にも習わせたいものがあるけれど、家計のことを考えて迷っていたりしませんか?

たくさんの可能性を持つ子どもには、色々なことにどんどん挑戦させてあげたいと思う一方で、「こんなにたくさんの月謝を払って大丈夫なのだろうか」「その資金を将来の教育費のためにとっておく必要があるのではないか」と悩むこともあるでしょう。

1.子どもの習い事にかけるお金はいくら?

今回は、その答えを出すために参考になる資料の一つとして、子育て世帯が習い事にどの程度のお金を使っているのかを調べてみました。文部科学省では、毎年「子供の学習費調査」を行っています。この記事では、そのデータを基に、一般的な家庭が1年間に支出した習い事の費用を、下記3つの分野に分けてご紹介します。

・芸術文化等の習い事(ピアノ教室など)

・スポーツ・レクリエーション等(スイミング教室など)

・教養・その他(英会話教室、そろばん塾など。学習塾は除く)

小学生の習い事

まずは、小学生の習い事の費用を見てみましょう。小学生の習い事で多いのは、スイミング、ピアノ、英会話、書道などで、特にスイミングは男女ともに人気の高い習い事です。公立小学校よりも私立小学校の家庭の方が習い事に費用をかけている傾向があります。

芸術文化等の習い事(年額)

芸術文化等の習い事(年額)

芸術文化等の習い事(年額)

スポーツ・レクリエーションの習い事(年額)

スポーツ・レクリエーションの習い事(年額)

スポーツ・レクリエーションの習い事(年額)

教養・その他の習い事(年額)

教養・その他の習い事(年額)

教養・その他の習い事(年額)

中学生の習い事

続いて、中学生の習い事の費用を見てみましょう。中学生に多い習い事は、サッカー、柔道、英会話などです。公立中学校の場合は高校受験があるため、中学3年生になると習い事の費用が減る傾向があります。

芸術文化等の習い事(年額)

芸術文化等の習い事(年額)

芸術文化等の習い事(年額)

スポーツ・レクリエーションの習い事(年額)

スポーツ・レクリエーションの習い事(年額)

スポーツ・レクリエーションの習い事(年額)

教養・その他の習い事(年額)

教養その他の習い事(年額)教養その他の習い事(年額)
2.習い事の費用と貯蓄のバランスの取り方

習い事に費用をかけすぎて、子どもの将来に必要な教育資金が不足してしまうのが不安だという方も多いでしょう。習い事の費用と貯蓄のバランスに迷ったら、資産管理アプリを使ってみることをおすすめします。

資産管理アプリを利用すると、今後のライフプランにあわせた貯蓄計画を簡単に立てることができます。将来に備えた貯蓄計画をしっかり立てておけば、習い事の月謝にいくらかけられるかも見えてくるでしょう。

資産管理アプリFortune Pocket

子どもの習い事にかけるお金はいくら?リアルな費用を公開

Fortune Pocketは、現在の資産状況を管理する「バランスシート」と、今後のライフプランを作成する「ライフプランシート」からなる資産管理アプリです。簡単な情報を入力していくだけであっという間に資産状況とライフプランが完成するので、初心者でも簡単に使いこなすことができます。預金も有価証券もローンなどの資産をこのアプリで一元管理できるので、今の資産状況が一目で確認できてとても便利。子育て世帯に特におすすめのアプリです。

3.まとめ

小学生、中学生の子どもの習い事にかかるお金についてご紹介しました。子どものために色々習わせてあげたいけれど、費用をどこまでかけるか迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてください。習い事の費用と貯蓄のバランスに悩んでいる方には、資産管理アプリでの管理をおすすめします。

【この記事の著者】

フォーチュンポケットマガジン編集部

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

< PR >

人気のマガジン

新着マガジン

個人資産管理の決定版アプリ、
堂々登場!!

Fortune Pocket お金に向き合えば、人生は変わる。Fortune Pocket 家計とライフプランを考えるアプリ
Apple Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

Android版アプリは旧デザインでのご提供となります。
年内に新デザインにてリリース予定。

トップへ