塾の費用、いくらかかる?小学校から高校までの塾費用と資産計画

2019年03月28日・教育資金
塾の費用、いくらかかる?小学校から高校までの塾費用と資産計画

目次

    子ども塾の費用、いくら位かかるか計算してみたことはありますか?

    子どもが小学生、中学生、高校生になると、受験対策や授業の補修など、いろいろな目的で学習塾に通ったり、家庭教師をつけたりすることも多くなるでしょう。しかし、塾には高額な費用がかかるということは漠然と知っていても、まだ先だと思うとどうしても油断してしまいがち。いざその時になって資金が足りないということにもなりかねません。

    学費が足りない場合は奨学金などの救済措置も用意されていますが、塾費用にはそのような制度がないのが現実。できるだけ早い段階から塾費用について理解し、資金を準備しておく必要があります。

    今回は、小学生から高校生までの塾費用について、考えてみましょう。

    1.小学生の塾にかかる費用

    子どもを塾に行かせている家庭では、塾にどの程度の費用をかけているのでしょうか。文部科学省が発表している統計資料から、子どもの補助学習費(家庭学習、学習塾、家庭教師等の費用)に関する調査結果をご紹介します。

    補助学習費の金額段階別の構成比(小学校)
    補助学習費の金額段階別の構成比(小学校)

    補助学習費の支出者平均額

    ※表の見方:補助学習費0円の家庭が、公立小学校の場合は全体の13.2%、私立小学校の場合は全体の1.4

    この統計によると、支出者(補助学習費を1円以上支払っている家庭)の平均額は、公立小学校で96,000円、私立小学校で309,000円という結果になっています。しかし小学生の場合、私立中学校を受験するかどうかによって学習費が大きく変わるため、一例として、私立中学校受験対策塾の費用の一例をご紹介します。

    <例>私立中学校受験対策塾 小学4年生の費用の一例(年額)
    >私立中学校受験対策塾 小学4年生の費用の一例(年額)

    ※これは一例です。塾の費用は、塾や進路によって大きく変わります。

    2.中学生の塾の費用

    次に、同じく文部科学省の統計データから、中学生の補助学習費について調べてみました。

    補助学習費の金額段階別の構成比(中学校)
    補助学習費の金額段階別の構成比(中学校)

    補助学習費の金額段階別の構成比(中学校)

    高校受験を控えた公立中学生の補助学習費は、小学生と比較すると倍以上という結果が出ており、特に3年生で最も補助学習費が高くなる傾向があります。学年別の支出者平均額もご紹介します。

    補助学習費 支出者平均額(中学校)
    補助学習費 支出者平均額(中学校)

    3.高校生の塾の費用

    同じく文部科学省の統計データから、高校生の補助学習費について調べてみました。

    補助学習費の金額段階別の構成比(高校)
    補助学習費の金額段階別の構成比(高校)

    補助学習費の金額段階別の構成比(高校)

    高校生の補助学習費も、大学受験を控えた3年生で最も高くなります。高校生の学年別の支出者平均額を見てみましょう。

    補助学習費 支出者平均額(高校)
    補助学習費 支出者平均額(高校)

    4.資産管理アプリで教育資金のシミュレーションをしてみよう

    先々、あわてることのないよう、子供の教育資金を計画的に準備するためにどのようにしてお金を貯めていけば良いのか、資産管理アプリを使って貯蓄プランを立ててみましょう。

    ①資産管理アプリFortune Pocket

    FortunePocketアプリ画面

    Fortune Pocketは、現在の資産状況を管理する「バランスシート」と、今後のライフプランを作成する「ライフプランシート」からなる資産管理アプリです。簡単な情報を入力していくだけであっという間に資産状況とライフプランが完成するので、初心者でも簡単に使いこなすことができます。

    Fortune Pocketを使った貯蓄プランの作成方法

    資産管理アプリFortune Pocketを使って、教育資金を貯めるための計画を立ててみましょう。今回は、私立中学受験を想定し、子供が中学校に入学するまでの費用(中学の入学金、初年度費用まで)を準備するプランを立ててみます。

    1.誕生日や結婚の有無など、簡単な質問に回答していきます。

    資産管理アプリで簡単に設計!住宅購入資金の貯蓄プラン

    2.ライフイベント「教育」を選択し、学費に必要な費用などを入力します。

    塾の費用、いくらかかる?小学校から高校までの塾費用と資産計画

    塾の費用については、ライフイベント「自由入力」を選択しカテゴリで「子供と教育」を選択してから入力します。

    塾の費用、いくらかかる?小学校から高校までの塾費用と資産計画

    数値は自由に入力することができますが、わからない場合は初期値をそのまま利用できます。ここでは、中学で初年度必要な費用と、塾の費用をプランとして作成しました。

    3.診断結果を見てみましょう。

    塾の費用、いくらかかる?小学校から高校までの塾費用と資産計画

     

    今の貯蓄ペースで私立中学の受験費用、入学費用を準備できるかどうかの結果が出ます。この例では-191万円、つまり191万円不足することがわかります。

    4.月々の貯蓄額を調整してみます。

    塾の費用、いくらかかる?小学校から高校までの塾費用と資産計画

    今から8年間、私立中学受験、入学資金として月々4万円を貯蓄していくと良いという結果になりました。

    5.まとめ

    子どもの塾の費用について解説しました。理想の教育を受けられるようにするには、子どもが小さいうちから資金を積み立てて準備をしていくことが重要です。資産管理アプリを使うと、簡単にシミュレーションできるのでおすすめです。

    出典:文部科学省 子供の学習調査のデータを元に作成

     

    【この記事の著者】

    フォーチュンポケットマガジン編集部

    当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

    < PR >

    人気のマガジン

    新着マガジン

    < PR >

    個人資産管理の決定版アプリ、
    堂々登場!!

    Fortune Pocket お金に向き合えば、人生は変わる。Fortune Pocket 家計とライフプランを考えるアプリ
    Apple Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

    Android版アプリは旧デザインでのご提供となります。
    年内に新デザインにてリリース予定。

    トップへ