コロナウイルスを一掃できても資産運用は変わらず。今だから考える中長期運用

2020年04月02日・ライフプラン
コロナウイルスを一掃できても資産運用は変わらず。今だから考える中長期運用

目次

    2020年が始まって3カ月。世界中におけるコロナウイルスの蔓延と、そこから誘引された行動自粛、経済活動への著しい影響。あまりに生活がガラリと変わり、疲れ果てた人も多いでしょう。それは日常のほか、資産状況も同じではないでしょうか。ワクチン完成の報も届かず、さらには4カ月後に迫った東京オリンピックの通常開催も延期となってしまいました(2020年3月末現在)。だからこそ、資産運用はどうするべきなのでしょうか。「すべて現金化にして、短期売買にシフトしよう!」という声も大きくなっていますが、本当なのでしょうか。非常時こその考え方をお伝えしましょう。

    1.コロナショックとリーマンショックの違い

    コロナウイルスを一掃できても追い出しても資産運用は変わらず。今だから考える中長期運用

    資産運用のため相場を見ていると、日経平均やアメリカのダウ市況の下落幅から「リーマンショックを超えた」という声さえも聞こえるようになりました。所有株も著しい安値を付けている人も多いでしょう。TVをつけると、アメリカからは聞きなれない「サーキットブレイカー(市場取引の一時停止)」という言葉も流れ、緊迫した非常時感を伝えています。観光地から人が消えたというニュースは、今やニューヨークやパリといった大都市に人が歩かない映像に変わりました。

     

     

    【この記事の著者】

    株式会社FP-MYS 工藤 崇

    株式会社FP-MYS 工藤 崇

    FP-MYS代表取締役社長CEO。1982年北海道生まれ。相続×Fintechプラットフォーム「レタプラ」開発・運営。資格学校勤務後不動産会社、建築会社を経て2015年FP事務所を設立。1年後の2016年7月に法人化。多数の執筆のほか、Fintech関連のセミナー講師実績を有する現役の独立型ファイナンシャルプランナー(FP)として活動中。スタートアップとしてシードラウンドまでの資金調達完了済み。拠点は東京都中央区茅場町。

    LettePla:https://letteplabiz.com/

    当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

    < PR >

    アプリでこんな簡単にクルマの即時査定ができるなんて! GulliverAuto

    人気のマガジン

    < PR >

    新車の見積もり貰ったらすぐに下取り金額をアプリでチェック!! GulliverAuto アプリで簡単クルマ査定

    新着マガジン

    < PR >

    参加無料 女性限定 初心者向け <参加無料>1万円から始める1,000万円の資産形成講座 新宿 渋谷 銀座 丸の内 表参道 池袋 Finance Training Studio ABCash

    個人資産管理の決定版アプリ、
    堂々登場!!

    Fortune Pocket お金に向き合えば、人生は変わる。Fortune Pocket 家計とライフプランを考えるアプリ
    Apple Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

    Android版アプリは旧デザインでのご提供となります。
    年内に新デザインにてリリース予定。

    トップへ