自動車税はどう変わる?いくら安くなる? 2019年10月の自動車税制改正について解説

2019年08月30日・税金

2019年10月1日より自動車税法が改正されます。これは、同日に予定されている消費税増税によって自動車のような高額商品の売れ行きに大ブレーキがかかることがないよう、税負担を軽減させるという狙いで決定されたもの。実質的な減税となります。

また、マイカーを維持していくためにはガソリン代のほかさまざまな費用がかかりますが、そうした費用に対しても消費税増税による負担が増えるため、重税感が大きくなりすぎないようにといった配慮もあるでしょう。

では、今回の税制改革により自動車関連の税金は具体的にどのように変わるのでしょうか。また、マイカーユーザーが負担する税金はどれくらい安くなるのでしょうか?

1.「自動車税」から「自動車税(種別割)」へ

自動車税は従来も自動車の排気量に応じて毎年課税されてきましたが、今後適用される「自動車税(種別割)」は下記の表のように税率が設定されており、全面的に引き下げられています。

なお、軽自動車の自動車税も「軽自動車税(種別割)」と名称が改められましたが、税率に変更はありません。

自動車税はどう変わる?いくら安くなる? 2019年10月の自動車税制改正について解説

※年度の途中で新しく購入した場合、自動車税は月割りで算出されます。

この表によると、もっとも税率引き下げの恩恵が大きいのは排気量1,000cc以下の自動車です。次いで1,500cc以下、2,000cc以下…と少しずつ引き下げ額が減り、2,500cc超では一律1,000円の引き下げとなっています。

毎年数万円の自動車税を払っている大型車のオーナーには、年間1,000円程度ではたいした恩恵は感じられないかもしれませんが、たとえばリッターカーであれば29,500円→25,000円という引き下げ幅はかなりの恩恵が感じられるのではないでしょうか。

2.「自動車取得税」から「環境性能割」へ

自動車税はどう変わる?いくら安くなる? 2019年10月の自動車税制改正について解説

従来、自動車を購入する際には「自動車取得税」を納めることになっており、50万円以上の自動車を購入すると、新車か中古車かにかかわらず所得価額の3%(軽自動車は2%)の自動車取得税が課せられてきました。

また、従来は環境性能のすぐれた自動車(いわゆるエコカー)を購入すると、燃費基準により自動車取得税が20%100%減税されていました(エコカー減税)。

新税制では、これらの自動車取得税とエコカー減税を一元化した「環境性能割」という制度が導入されることになっています。下の表は乗用車(自家用の登録車)の環境性能割の税率です。当然のことながら、2020年度燃費基準に対して達成率の高い自動車ほど税率は軽減されています。

自動車税はどう変わる?いくら安くなる? 2019年10月の自動車税制改正について解説

なお、環境性能割には税制移行期間の臨時的軽減が認められています。これは「2019101日から2020930日までの間に自家用の乗用車(登録車・軽自動車)を購入する場合、環境性能割の税率1%分が軽減される」という移行措置です。ただしもともと非課税に該当する自動車には臨時的軽減は影響しません。

3.自動車税の納付方法

自動車税の納付期限は、毎年5月末日。5月初旬に納税通知書が郵送で届くので、それを使って納めます。納付方法は大きく3つあります。

納税通知書を使って納付する

届いた納税通知書を使って、金融機関やコンビニエンスストア、県税事務所等で現金で納付します。利用者の多い納付方法です。

クレジットカード払いで納付する

自動車税は、パソコンやスマホを使ってクレジットカード払いで納付することができます。クレジットカード払いを利用する場合はシステム手数料がかかりますが、「自宅でいつでも納付できる」「ポイントがつく」「実際の支払日を先延ばしできる」というメリットがあります。

ペイジーで納付する

自動車税の納税通知書にペイジー(Pay-easy)のマークが印字されている場合は、ペイジーで納付することができます。通知書に書かれている番号を使って、パソコンやスマホ、ATMで納付手続きをします。ペイジーに対応しているかどうかは、自治体によって異なります。

なお、自動車税の納税通知書は、車検証に登録されている住所宛に送付されます。転居した際には速やかに住所変更の手続きをしましょう。

4.まとめ

2019年101日に法改正される自動車税について解説しました。今回の自動車税制改正はもともと消費税の増税分を相殺する目的で導入されるため、全般的に従来に比べて自動車税が安くなっています。また、従来は軽自動車に比べて割高感のあった小型車の自動車税率を低めに設定することで、軽自動車とリッターカークラスとの不公平感を解消したいという意図が伺えます。

さらに、環境性能割の臨時的軽減が認められている2019101日から2020930日までの間であれば自動車税の1%が軽減されますので、買い換えを検討するのであればこの時期が有利ではないでしょうか。

<出典>

総務省ホームページ 「2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります」をもとに作成しています。

コンテンツ提供元:フォーチュンポケットマガジン編集部

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

おすすめ記事

個人資産管理の決定版アプリ、
堂々登場!!

Fortune Pocket お金に向き合えば、人生は変わる。Fortune Pocket 家計とライフプランを考えるアプリ
Apple Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

Android版アプリは旧デザインでのご提供となります。
2019年秋に新デザインにてリリース予定。

登録はかんたん!


登録はかんたん!